service

Service

STRADDLEは、”Digital Incubation”と
「デザインx経営」をテーマに、
企業のデジタル、デザインの
活用を支援します。
海外での先進事例を伝えるだけ、
指示された要件通りに進める、
「先生スタイル」「ベンダースタイル」
とは一線を画し、
デジタル変革の伴走者として、
双方向の「共創スタイル」での
支援を目指しています。
“Digital Incubation”、「デザインx経営」に
おける全てのプロセスに伴走できるように、
デジタルだけでなく、 デザイン、
ビジネスコンサルティング、コーチングの
エキスパートをそろえています。

デジタルイノベーション
デザイン*×経営

デジタルイノベーション

デジタル
トランスフォーメーション

デジタル活用を契機とした、事業全体での変革を支援します。従来事業のデジタル変革だけでなく、既存のデジタル事業の再生、デジタルベンチャーの成長も支援しています。事業ビジョンから始まり、ビジネスモデル、オペレーション、既存IT、組織・人材のステップで徹底した変革プロセスを促進します。最終的に、自律的にデジタルイノベーションを生み出せる土壌まで整備することを目指します。

デジタルPoC
(Proof of Concept)

デジタルを活用した新たなコンセプトの実現を、アイデア創出、要件の具体化、プロトタイピング、本格展開のPoCステップにて検証します。ビジネスモデル、ユースケース、提供機能の観点から検証ポイントを洗い出し、本格展開に求められるポイントを絞り込み、短期間でのPoCを実現します。

デジタル人材育成

デジタルに初めて触れる初級者向けの基本的な知識の習得から、デジタル知見が豊富な上級者向けの実践トレーニングまで準備しています。特に、実践トレーニングでは、弊社の実績に基づくデジタルビジネスケースを題材に疑似体験が可能です。デジタル以外の基礎スキルとして、ロジカルシンキング、ファシリテーション、分析/モデリング、プレゼンテーションのトレーニングも実施しています。

デザイン*×経営

ブランドデザイン

経営・事業ビジョンをコンセプトとして伝えるブランディング。顧客だけでなく、従業員、採用候補者を含むステークホルダーにも理解してもらう必要があります。言葉とイメージの両方において、同じストーリーを展開することで、初めて多くのステークホルダーに理解されます。言語化を得意とするコンサルタントと、視覚化を得意とするデザイナーが異なる観点からクライアントの想いに迫ることで、同じストーリーが伝わるブランディングを確立します。

ワークプレイスデザイン

経営・事業ビジョンに合わせて、オペレーションを持続的に改善できるのが強い企業の証です。常に、経営・事業ビジョンに触れられるのはワークプレイスです。ワークプレイスにワーカーが理解できる言葉とイメージを練りこむ。そのためには、経営・事業ビジョンの正しい理解とそれを機能と感性に落とし込むことが求められます。ここでも言語化とイメージ化の両面からコンサルタントとデザイナーが支援をいたします。